スタイリスト百々千晴の新ブランド「ジンジャーエール」ワールドが発表

写真拡大

 ワールドから、新ブランド「GINGER ALE(ジンジャーエール)」が2013年秋にデビューする。スタイリストの百々千晴(どどちはる)をブランドディレクターに迎え、「繊細な辛さとほのかに感じる甘さ」をコンセプトに、ジャンルにカテゴライズされないオリジナリティを加えたスタンダードアイテムを展開。9月上旬、都内に1号店をオープンする計画だ。

スタイリスト百々千晴の新ブランドの画像を拡大

 「GINGER ALE」は清潔感や気品がありながら、メンズライクなカルチャーやファッションを好む20代後半〜30代前半の女性をターゲットに、モードとリアルクローズを経験した彼女たちの「今の気分」を表現。「今着たい」と感じる旬のラインナップで、駅・ファッションビル、百貨店を主要販路にオンラインストアでも販売する。商品構成はトップス65%、ボトム20%、服飾雑貨15%で、オリジナルとセレクトの割合は8:2。デビューシーズンはボーダーのニットやゴブラン織りのミニドレスといったベーシックなアイテムに新しさをミックスさせた着こなしが特徴で、ツイードのパーカーとショートパンツのセットアップ、ベルベットのドレス、ボア付きライダースジャケットなど、シルエットやデザイン、素材使いでエッジを効かせたコレクションを揃える。

 ファッション誌や広告を中心にスタイリングを手がけている百々千晴は、昨年3月に創刊された新マガジン「Union Magazine」の編集長としても活躍している。新たに「GINGER ALE」のブランドディレクターを務めるにあたり、コンセプトからショップイメージ、商品の監修まで、女性の憧れや親しみにアプローチするブランド展開を進めていくという。