ドミノピザ、社内公用語の“ダジャレ”浸透せず本採用見送り

写真拡大

株式会社ドミノ・ピザ ジャパンは、先日、スコット・オルカー社長お気に入りの「ダジャレ」にフォーカスし、「社内公用語にダジャレを採用する」と発表した。

【関連:ドミノピザ・スコット社長の暴走が止まらない件―ドミノピザ社内公用語に「ダジャレ」導入決定】

スコット社長


その際の発表では、「1会議1ダジャレ」など指針を示していたが、約2週間の試験運用を経た結果、実際の会議の場においては「いいんジャマイカ?」や「資料をミルフィーユ」といったメジャーなダジャレが頻発。
また、うまいダジャレを言おうと社員が熟考してしまうあまり、業務が滞ってしまうなど、実際に運用してみて初めて気付く問題点があり、この度「正式採用は見送る」ことが改めて発表された。

が、しかし。これでスコット社長はダジャレ普及を諦めたわけではなく、今回の「ダジャレ公用語見送り」発表と同時に、「今度はダジャレでCM作っちゃいました」という発表を行った。しかも社名をダジャレのネタにしてしまう大胆さ。

ちなみにこのダジャレは、「街を歩いていた際に、思いついたネタ」だそう。本CMは2013年7月12日(金)よりオンエア開始される。

なお、スコット社長は社長特権を駆使し、スコット社長自慢のダジャレを毎日発表する特設サイト「ダジャレやで〜」(http://dajare.dominos.jp/)を8月18日(日)までの期間限定で公開している。
このサイトでは1日1ダジャレ披露され、視聴者が「いいね!」とおもったダジャレには「ピザぶとん」がスコット社長に贈られる仕組み。現在までに5000枚を超える「ピザふとん」が贈呈されている。

※サイト名の「ダジャレやで〜」は1日1ダジャレを意味する“DAJARE-A-DAY”にかけたスコット社長自慢のダジャレとのこと。