信州渋温泉「モンハン渋の里」続報、なりきり撮影会など夏限定企画が明らかに

写真拡大

カプコンの人気ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』と長野県にある「長野信州渋温泉」のコラボレーションによるリアル拠点「モンハン渋の里」の続報として、夏休み期間中の限定企画が新たに発表された。

2011年夏に街中がモンハン一色になった「長野信州渋温泉」だが、大変好評だったことから、今回は1年間のロングラン開催が決定。開催期間は7月27日から2014年8月31日。一年間を4つのシーズンに分け、それぞれのシーズンに合わせた「期間限定スペシャル企画」を夏・冬・春休みの時期に開催するという。

今回新たに発表されたのは、盆踊りならぬ”モン踊り”が楽しめるという「モンハンやぐら」(参加無料)や、釣ったニジマスをその場で焼いて食べられる「ハンター釣り大会」(1,200円から)など、2011年開催時にも好評を博した夏限定のイベント。さらに、『モンスターハンター4』の新武器「操虫棍」の実物大モデルや「オトモアイルー」の装備を着用できる「なりきり記念撮影」(600円)、手作りの”シブ式火竜車”を使用した的当てゲーム(700円)なども予定されている。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.