mono178571_pho01.jpg

写真拡大

AGA(男性型脱毛症)に悩む人の心理的QOL(Quolity of life、生活の質)にウィッグ(かつら)の装着が影響することが分かった。大阪大学大学院医学系研究科の調査によると、ウィッグを装着することでやる気や積極性などポジティブな気持ちを増進させるという。

アデランス(東京・新宿区)が調査に協力した。AGA患者を対象に心理的QOLに関する統計的調査が行われたのは世界で初めてという。

薄毛の人、ルックス満足度の高い人ほど改善傾向

調査は同研究科の皮膚・毛髪再生医学寄附講座を担当する板見智教授と乾重樹教授、国立障害者リハビリテーションセンター福祉機器開発部の井上剛伸部長が、第112回日本皮膚科学会総会(2013年6月14〜16日開催)で発表したもの。AGA男性患者26人が調査対象として聞き取り統計調査に協力した。

調査によると、ウィッグを装着すると心理的QOL(やる気、積極性・自信、プライド、全般)の4項目すべてで改善することが分かった。特にルックスに対する満足度が高い人ほど改善度は高まることから、心理的QOLの改善にはウィッグの見た目の自然さなどが影響する傾向が見られた。

また薄毛が進行しているAGA重症度の高い人ほど心理的QOLが改善することも明らかになった。

板見教授は「今回の調査により、医学的根拠を持ってウィッグの使用を推奨できると考えられます」、乾教授は「ウィッグがAGAに対して医学的な役割を果たすことを初めて示しました」とコメントしている。