(C)Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.

写真拡大

恋愛の賞味期間は約3年……というフレーズはもはや世界の共通認識(!?)。つきあいが3年も経つと相手への関心も薄れ、むしろ欠点が気になったり……。さらには、結婚してから4年目が最も離婚する夫婦が多いなんてデータもあるとか。でも一方で何年経っても仲のいい夫婦も存在する。

男女の関係は続けば続くほど、その関係性は様々でその2人にしか分かり合えない事ものだ。

今回ご紹介する映画『アンコール!!』は、お互いを心から愛するとっても素敵な老夫婦が主人公の感動作。“シニア版gleeグリー”とも言われ老若男女問わず、涙する本作、いったいどんな内容なのか?

ストーリー


イギリス・ロンドンで暮らすアーサー(テレンス・スタンプ)は、この街で一番の頑固じいさんと呼ばれる72歳の男。孫には優しいが息子には厳しく、唯一、心を開くのは最愛の妻マリオン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)だけだった。そんな中、マリオンが病に倒れてしまい、アーサーは彼女が所属するロックを歌うちょっと変わったシニア合唱団”年金ズ”に、代わりに入ることに。周囲にまったく心を開かなかったアーサーだが、これをキッカケに人生初の大挑戦に挑むことに……

胸を打つイギリスの2大名優の演技


本作のアーサー役を演じているのは『プリシラ』『ワルキューレ』等、数々の話題作に出演しているイギリスの名優、テレンス・スタンプ。なかなか素直に気持ちを表現できない自分に苦しみながらも、何とか自分を変えて前に進もうとする頑固じいさんを見事に繊細に表現している。一方、妻のマリオン役にはアカデミー賞・ゴールデン・グローブ賞等の受賞歴を持つヴァネッサ・レッドグレイヴ(『ジュリエットからの手紙』)。ちょっぴりお茶目で優しさ溢れる女性を演じ、彼女が劇中で歌う『TRUE COLORES』には思わず涙した観客も多いとか。そんな2人が演じる夫婦像が、とっても素晴らしいのである。日本じゃ考えられない! と思ってしまうかも知れないが、お互いきちんと愛の言葉を伝えあったり、手をぎゅっと握ったり、キスしたりする。その姿が何とも微笑ましくて美しい。特に女性なら、将来こんな夫婦になりたいなぁと思ってしまいそう。(彼と一緒に観た方がいいかも!?)

年金ズが歌う! 有名ヒットナンバーの数々


シニア合唱団”年金ズ”が歌うナンバーは、私たちが一度は聞いた事のあるヒットソングばかり。マーサ&ザ・ヴァンデラス、スティービー・ワンダー、モーターヘッド、ソルト・ン・ペパ、ルーファス&チャカ・カーン、ビリー・ジョエルなど、思わず一緒に歌いたくなる方も多いかも?ちなみに、日本にも一般的な合唱のイメージを覆す合唱団は存在する。たとえば、平均年齢66歳の男性アカペラ合唱団「東京バーバーズ」さん。80代の方もメンバーに所属する彼らは本作の公開直前イベントでも美声を披露。会場を盛り上げていた。

さいごに


手がけたのは、これが4作目になるポール・アンドリュー・ウィリアムス。彼は「本作は半自伝的な映画。」と話し、実際の祖父母がモデルになっているのだという。

過去にも、老人が歌にチャレンジするといった映画やドキュメンタリーはあった。それらと様相は少し異なり、本作では、アーサーとマリオン夫婦愛、また息子や周囲との関係など、”だれかとの繋がり”も大きなテーマとなっているので、自身が高齢でなくとも共感できるシーンが多いかも知れない。日本では、加藤登紀子、綾戸智絵、葉加瀬太郎、福原美穂、夏木マリ等、ミュージシャンの方々も熱いコメントを寄せており、決してプロではない“年金ズ”の歌声に心打たれた模様。今年も半分が終わり、心新たに頑張りたい!と思っている方、自分の想いをなかなか上手に伝えられなくて悩んでいる方には、特に素敵な刺激を与えてくれる作品に仕上がっていた。
(mic)

映画『アンコール!!』は
6月28日(金)TOHOシネマズシャンテ 7月5日(金)全国ロードショー!
http://encore.asmik-ace.co.jp