博報堂は、生活者との共創コミュニティを運営する新会社「VoiceVision」を設立した。

 博報堂は、7月1日、「生活者共創型コミュニティメディア」を運営する新会社「VoiceVision」を設立した。

 同社は、2011年10月より生活者共創型の未来創りコミュニティ「VoiceVision ベータ版」を運営。この度、独立した事業会社としてスタートすることとした。

 今回、設立する新会社「VoiceVision」では、オンラインとオフラインを通じたコミュニティによって、リサーチから商品開発などのアイディア企画とプロモーションまでを、ワンストップで実現するフレームワークを提供する。

 これまでのリサーチや商品開発などのマーケティング活動は企業内でクローズドに行うことが多かったが、「VoiceVision」では戦略的にオープンに行い、数千〜数万人の参加者をうながす。それによって発売前からファンを育て、発売する時には既にファンがいる状態を生みだす方式を開発した。

 また、ソーシャルメディアでの拡散を計算した情報設計によって、コミュニティの認知を数十万人の単位でリーチが可能に。コミュニティ自体がメディアとなり、プロモーションの場となって広めていく。これらを総称して「コミュニティメディア」として、生活者の声を聞き、企業や官公庁に向けてサービスを提供していく。