プレーヤー丸山茂樹が今季初参戦!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ 事前情報◇3日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,096ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」。推薦で出場する丸山茂樹が今大会で2013年シーズンの初戦を迎える。丸山は09年の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」優勝で得た3年シードが切れる昨年賞金シードを喪失。今季は生涯獲得賞金ランキング25位以内の権利で1年限りのシード権を行使することもできたが、左手親指痛などボロボロとなった体のケアを優先してこのカードを切らずに治療に専念してきた。
松山英樹、世界のマルのアドバイスに手ごたえも「今日はボロボロ」
 そのため、今年は治療と並行してトーナメント外での活動がメインとなった。国内ツアー開幕戦の東建ホームメイトカップや、日本プロ日清カップ、そして米国メジャー全米オープンでテレビ解説を務めていたのは記憶に新しいところ。さらに、米国選抜と世界選抜の対抗戦プレジデンツカップ(10月3〜6日)ではニック・プライス(ジンバブエ)を支える副キャプテンに日本人として初めて就任した。
 だが、もちろんプレーヤーとしてまだまだ一線で戦いたいという意識は強い。セガサミーホールディングス所属のホストプレーヤーということもあり今大会への出場を決意。火曜日の練習ラウンドは松山英樹とまわり、精力的に調整を続けてきた。この日のプロアマは強風と雨が混じり気温も低くなる厳しいコンディションだったが、トレードマークの笑顔も全開にラウンド。まだまだ完全復活とはいかないが、世界をうならせた技を北の大地で見せつける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>