この日はプロアマに出場した松山英樹(撮影:上山敬太)

写真拡大

<長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ 事前情報◇3日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,096ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」が北海道にあるザ・ノースカントリーGCを舞台に4日(木)に開幕を迎える。先週の「〜全英への道〜ミズノオープン」でプロ転向後初の予選落ちを喫した松山英樹は、今週からダンロップ契約プロとして心機一転。今大会の後予定している全英オープンからの海外遠征へ向けて弾みをつける一戦に挑む。
松山英樹、来季米ツアー熱望!「少しでも多く稼いでシードを」
 火曜の練習日には関係者を通じて打診していた丸山茂樹との練習ラウンドが実現。「全英オープンのことが聞きたかった」と、今年の開催コースミュアフィールドで5位に入った経験のある丸山に全英攻略法を伝授された。その他にも米ツアー仕込みのアプローチなど、世界のエッセンスを存分に注入されて大いに手ごたえを得た。
 しかし、この日のプロアマでは強風に雨が混じる中で精彩を欠いて大苦戦。「今日はボロボロ。ショットも打てたところは手ごたえあったけど、それ以外に打てていなかったところがひどかった」と苦笑いを浮かべた。ラウンド中には複数のパターを試すなどショット、パットともに試行錯誤が続いていて、決して絶好調とは言えない状況だ。
 それでも、試合の中で修正し状態を上げる力をこの怪物ルーキーは持っている。アマチュアで出場した2年前の今大会は予選落ち。例年最終日に姿を見せる大会名誉会長の長嶋茂雄氏と対面することなくコースを後にしたが、「今年は会えるようにまずは予選を通ります。今年こそ」と意気込みは十分だ。松山は予選ラウンド昨年王者のイ・キョンフン(韓国)、片山晋呉と同組でティオフする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>