7月6日から劇場で見られる第3弾ポスター/(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

写真拡大

日本のためだけに制作された完全オリジナルのビジュアル『ウルヴァリン:SAMURAI』(9月13日(金)公開)の劇場用本ポスターが、全世界に先駆け日本で初解禁!

【写真を見る】『ウルヴァリン:SAMURAI』は9月13日(金)より公開!

従来は不死の肉体を活かした攻撃を主としてきたウルヴァリン。だが公開されたポスターでは、刀で身を守っているように見える。そして日本の象徴とも言える桜の花びらが、左から右へと舞い落ちるにつれ、光沢が色あせ薄桜色に変化しており、「アダマンチウムの爪=不死」から「桜の花=限りある命」を連想させる。これらは、不死のウルヴァリンが初めて“死”の恐怖に直面する極限状態の中で、最愛の人を守りながら究極の戦いに身を投じなければならないことを暗示している。

これまでに公開されたポスターを振り返ると、第1弾では、雨の中、数十メートル離れた日本建築の屋根にひざまずくウルヴァリン、続く第2弾では、“爪”と“刀”を携えたウルヴァリンが数メートルの距離感で正対している姿。今回の第3弾では、ウルヴァリンがついにアップとなり、彼が握りしめる刀には、東京タワーとネオンに彩られた東京の街が映されている。

果たして、桜のように“散ることのないサムライ”ウルヴァリンは、ここニッポンでどのような運命に立ち向うのか!?親日家のヒュー自らが監修した、この究極の“和洋折衷”とも言える、日本版劇場用ポスターは、7月6日(土)から全国の劇場で一斉解禁される。【Movie Walker】