え! これが作り物ってマジ!? まるで本物ソックリなミニチュア世界

写真拡大

ドイツ・フランクフルト生まれのアーティスト、Frank Kunertさん。写真家でもある彼の手から生み出される作品群は、ほかとは一線を画した独特の作風が、大きな特徴です。

本物かと見紛うほど精巧に作られた、ミニチュア模型。でもよ〜く見ると……どこかがおかしい。

途中でプッツリ途切れてしまう階段に丸見えのトイレ、そしてナイフが突き刺さった家!? ひとことで言えば、シュール。それが、Kunertさんの作品の持ち味といえるでしょう。

自身が頭に思い描いた世界を実現すべく、細部にまでこだわったミニチュアを制作。構図まで完璧に計算して撮影された作品だからこそ、目の前に広がる風景がここまでリアルに感じられるのでしょうね。

すべてを自らの手で行うからこそ生まれた秀作。「ここではないどこか」へ見る者をいざなってくれるKunertさんのシュールレアリスムなミニチュア世界を、それではたっぷりとお楽しみくださいませ。

(文=田端あんじ)

参考元:Frank Kunert


画像をもっと見る