東リ(株)では、2013年8月より首都圏を中心に使用済みタイルカーペットの回収リサイクルの取り組みを開始する。
同リサイクルシステムは、「広域認定制度」(環境省 認定番号第215号)に基づき、事業者から産業廃棄物として廃棄されるタイルカーペットを回収し、新たなタイルカーペットの原材料として再利用するもの。東リが販売しているGAシリーズ、GXシリーズなど、裏面が塩ビ樹脂により構成された使用済みタイルカーペットが対象。同制度により広い地域で効率的な産業廃棄物の回収とリサイクルが可能となり、廃棄物の減量や適正な処理が施されることで資源の有効利用が可能となる。
なお同社では、2012年10月にカーテンの回収リサイクルもスタートさせており、今回のタイルカーペットでの取り組みもあわせて展開することで、今後も積極的に循環型社会の構築に取り組み、地球環境の保護に貢献していくとしている。