東証1部・2部&大証1部・2部編 Vol.1
さて、個人投資家がアベノミクス相場で売買した人気株を集計したら、ダントツ1位はアイフル! ソニーが2位とは意外な気もするが、根強い?ソニー神話〞で「とにかく上がり始めたら買う」という初心者が多い銘柄、ではある。東証・大上位200銘柄の診断は必見!


1位 アイフル
(東1・8515/50株)
現物取引 2位 信用取引 1位
材料たっぷり&荒い値動き。なぜか円安局面で人気集中
堂々1位。アベノミクス相場前半でにぎわった金融株の中でも、特に活発に売買された。信用取引で1位ということからわかるように、値幅が取れる銘柄だ。金利低下だけでなく、融資残高の回復や信用取引売り残高などの切り口も。

円安:20 利益:14 財務:6 株価:3 外国人:5
TOTAL:48 / 100

妥当な株価:860円 日経平均1万6000円なら:1700円

現在株価:919円 PER(予想):15.1倍 PBR(実績):2.69倍 貸借倍率:3.62倍 配当利回り:ー 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:ー



2位 ソニー
(東1・6758/100株)
現物取引 6位 信用取引 2位
電機株復活期待の象徴銘柄。海外ファンドも積極売買か
かつての東京市場の看板銘柄で、日本のハイテク産業復活への期待がこの銘柄に込められている。今期は液晶テレビ黒字化を見込み、営業利益は横ばいの予想だが、この会社はとにかくプレゼンが上手なので、予想数字は割り引く必要も。

円安:7 利益:3 財務:17 株価:9 外国人:19
TOTAL:55 / 100

妥当な株価:2020円 日経平均1万6000円なら:2100円

現在株価:1854円 PER(予想):39.7倍 PBR(実績):1.06倍 貸借倍率:6.58倍 配当利回り:1.27% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



3位 野村ホールディングス
(東1・8604/100株)
現物取引 5位 信用取引 3位
日本株復活の中心銘柄。相場全体の先行指標にも
日経平均が上昇し、市場全体の売買代金が膨らむにつれて、野村の株価も急速に上がってきた。「株高局面では証券株」という鉄則通りの動きを見せた。5月急落前、同業他社の銘柄に逆行して頭打ちになった先行指標的な株でもある。

円安:18 利益:7 財務:11 株価:15 外国人:19
TOTAL:70 / 100

妥当な株価:900円 日経平均1万6000円なら:1050円

現在株価:712円 PER(予想):15.5倍 PBR(実績):1.57倍 貸借倍率:12.90倍 配当利回り:1.59% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:ー



4位 みずほフィナンシャルグループ
(東1・8411/100株)
現物取引 1位 信用取引 10位
金融不況克服でこの銘柄。早くも600円説浮上
バブル後の“15年デフレ”の影響が顕著に出たのは銀行株。興銀など名門3行が母体のみずほ銀行の復活は、金融正常化の象徴でもある。信用より現物株投資家に人気が高く、長期保有が前提のようだ。株価600円説も。

円安:13 利益:19 財務:17 株価:17 外国人:15
TOTAL:81 / 100

妥当な株価:240円 日経平均1万6000円なら:240円

現在株価:186円 PER(予想):9.4倍 PBR(実績):1.05倍 貸借倍率:26.96倍 配当利回り:3.12% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



5位 三菱UFJフィナンシャル・グループ
(東1・8306/100株)
現物取引 4位 信用取引 8位
強い銀行はもっと強く。海外事業の採算向上へ
三菱UFJ FGは国内最強の金融グループ。アベノミクスによる後押しで、強い銀行がさらに強くなりそうだ。米国景気の回復と円安から、伝統的に得意な海外事業の採算が一段と向上する可能性が大きい。

円安:13 利益:18 財務:18 株価:14 外国人:19
TOTAL:82 / 100

妥当な株価:740円 日経平均1万6000円なら:770円