「中国で農民に一揆を起こされた!」など 中国関連の記事が上位独占! 海外レポート人気記事ランキング発表!

写真拡大

「海外投資の歩き方」サイト内で公開している、世界7か国に在住している日本人特派員からの海外レポート。日本にいるだけでは分からない、アジアをはじめとする各国の経済状況やビジネス環境の現状が伝わる珠玉のレポート。2013年上半期は、中国で農業会社を立ち上げたら従業員たちから反抗された「中国での農民に一揆を起こされた!!」、「北京の大気汚染の原因を突き止めた!?」などTOP15のうち、11を中国のレポートが独占。他に「放射能汚染を逃れて母子でフィリピン移住」も5位にランクイン。

アクセスランキング1位

【中国レポート】
中国で農民に一揆を起こされた!!

 湖南省の中南大学大学院在籍中に邱永漢氏と出会い、卒業を待たず、2005年から氏が亡くなる2012年5月16日まで秘書として中国ビジネスと中国株を直接学んだ上田尾さん。今回は、農業会社で起きたとんでもない事件の話です。

アクセスランキング2位

【中国レポート】
北京の大気汚染の原因を突き詰めた!?
緊急レポート! 北京の一般家庭の暖房事情

 日本では今、北京の大気汚染が大問題になっているという。北京に住んでいる日本人の私がそのことを知っているのは、母から電話がかかってきたからだ。 

アクセスランキング3位

【中国レポート】
急速に広がる中国の貧富格差
北京中心部にある”名もない街”とは?

 1974年、鹿児島県生まれ。邱永漢氏に師事し、2005年より、チャイニーズドリームを夢見て北京で製パン業を営む荒木氏が北京の現状をレポートします。旧正月明けの2月末、当社のパン工場で焼き場班の責任者として頑張っていた高君が辞めたいと申し出てきた。高君が入社したのは2009年の末頃、最初はパンの配達員としてのスタートだった。

アクセスランキング4位

【中国レポート】
日本人の私が
あえて日本人がいない中国の地方都市で働く理由

 湖南省の中南大学大学院在籍中に邱永漢氏と出会い、卒業を待たず、2005年から氏が亡くなる2012年5月16日まで秘書として中国ビジネスと中国株を直接学んだ私が、なぜ中国に留学し、ビジネスをするようになったのかお話しします。

アクセスランキング5位

【フィリピンレポート】
放射能汚染を逃れ、母子でフィリピン移住
3組の親子の初めてのマニラ体験!

 日本から3組の母と子どもたちが退職ビザの取得のためにフィリピンを訪問された。総勢8名のいわゆる母子疎開だ。目的はずばり、「放射能汚染が蔓延する日本に、もはや住む場所はない」と語る。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)