「四十九日のレシピ」11月公開、「八日目の蝉」以来の永作博美主演作。

写真拡大

女優の永作博美(42歳)が主演を務める映画「四十九日のレシピ」の公開日が、11月9日に決定した。永作の映画主演は、2011年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞をはじめ、映画各賞を総なめにした「八日目の蝉」以来。

「四十九日のレシピ」は、作家・伊吹有喜の同名小説が原作。気鋭のタナダユキ監督がメガホンを執り、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造らが出演する。


☆「四十九日のレシピ」あらすじ

熱田家の母・乙美が突然死んだ。夫の良平(石橋蓮司)は茫然自失になり、娘の百合子(永作博美)は父が心配だからと実家に戻ってくるが、本当は自らの夫(原田泰造)との間に問題を抱え、憔悴しきっての帰郷だった。

そんな折、百合子と良平の元に派手な服装の不思議女子イモ(二階堂ふみ)と、日系ブラジル人の青年ハル(岡田将生)が現れる。生前の乙美に頼まれ、残された家族の面倒を見にきたのだと言うイモは、乙美がとある「レシピ」を書き残していること、そして四十九日には法要ではなく大宴会をするのが乙美の希望だったということを2人に伝える。

こうして、“四十九日の大宴会”を迎えるまでの、おかしな4人での共同生活が始まるが――。

「四十九日のレシピ」は11月9日(土)新宿バルト9・有楽町スバル座ほか全国ロードショー。