2位に8打差をつける圧勝で2勝目を飾った堀、世界ランクも61位に(撮影:福田文平)

写真拡大

<女子世界ランキング>
 7月1日付けの最新女子世界ランキングが発表された。先週の「アース・モンダミンカップ」でツアー2勝目を飾った堀奈津佳が61位へのジャンプアップを果たしている。日本勢の最高位は変わらず宮里藍。しかし最新ランキングでは順位を1つ下げて11位となっている。
堀奈津佳、歴史に残る“圧勝劇”で2勝目!「最高の1週間になりました」
 1位インビー・パーク(韓国)2位ステイシー・ルイス(米国)、3位スーザン・ペターセン(ノルウェー)など上位陣は変動なかったが、メジャー第3戦「全米女子オープン」で今季メジャー3連勝を達成したパークが2位との差をさらに拡げて首位を独走している。

【女子世界ランキング】

1位:インビー・パク(13.27pt)
2位:ステイシー・ルイス(8.29pt)
3位:スーザン・ペターセン(7.92pt)
4位:チェ・ナヨン(7.58pt)
5位:リュー・ソヨン(7.55pt)
6位:フォン・シャンシャン(6.33pt)
7位:カリー・ウェブ(6.16pt)
8位:ヤニ・ツェン(5.88pt)
9位:申ジエ(5.79pt)
10位:キム・インキョン(5.77pt)

11位:宮里藍(5.58pt)
15位:宮里美香(4.71pt)
29位:森田理香子(3.12pt)
30位:有村智恵(3.09pt)
40位:佐伯三貴(2.59pt)
46位:横峯さくら(2.37pt)
59位:比嘉真美子(1.95pt)
61位:堀奈津佳(1.91pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
女子プロ写真館が見やすくリニューアル!
ゴルフにおけるアクセサリーの影響とは?AKBのあの子が検証します