【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第1話「ビブロフィリアの犬」(ネタばれ注意)

写真拡大

●犬も歩けば棒に当たる

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 2013 Shunsuke Sarai / PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC. / 犬ハサ製作委員会

<キャスト>
春海和人:櫻井孝宏
夏野霧姫:井上麻里奈
春海円香:阿澄佳奈
柊鈴菜:伊藤静
大澤映見:加隈亜衣
秋月マキシ:芹澤優
犬飼潔:羽多野渉
本田桜:内田真礼
本田弥生:五十嵐裕美
森部佐茅:斎藤千和

●ストーリー
読まずに死ねるか!」…
生き返ると、俺は犬になっていた…。
読者犬×ドS作家が繰り広げるミステリ系不条理コメディ!

ある日突然、強盗に殺された春海和人(はるみかずひと)。
だが本バカゆえの執念で奇跡の生還を果たした。
――ダックスフンドの姿で。
「こんな姿じゃ本読めないじゃん!!」
悶える彼の前に現れたのは、ハサミが凶器のサド女、夏野霧姫(なつのきりひめ)。
でも、犬である和人の声が分かるし、
しかもその正体は彼が大ファンの作家。
そんな犬生(人生?)、いったいどうなるの!?
●まさに犬扱い!
ビブロフィリアの春海和人はある日を境に犬になっていました。

夏野霧姫「ねえ、ちょっと死んでみてくれない?」

夏野霧姫、作家である彼女は極度のサド女でもあり貧乳に関しては過剰反応をします。

なぜ、春海和人がこのような状況になったのかと言えば…。
●読まずに死ねるか!
平凡な高校生・春海和人の全ての基準は「本」。彼は本を読む事を優先するあまり、家族と岡山県への引越しを拒否(地方では本の発売が遅くなるため)し東京の高校へ進学する事を決めたくらい。

彼のお気に入りの作家は秋山忍。ありとあらゆる分野での執筆をする作家。ちなみに最新刊は新ジャンルのBL小説で彼も興奮して読んでいるという事は…。

※深く追求するのは止めておきましょう。

そんな彼が喫茶店で強盗に襲われてしまい、そこにいた女性を庇って彼は銃殺されてしまいます。

春海和人「読まずに死ねるか!」

ちなみにその女性とは夏野霧姫。そして彼が目覚めると…。
●笑えない犬の生活
彼はとあるペットショップの犬になってしまいました。途中経過はさておき、

春海和人「一週間も本を読んでいない!」

彼は本を読んでいないため禁断症状が出ています。そこにやってきたのは夏野霧姫。

夏野霧姫「待たせたわね。主人公の登場よ!」
夏野霧姫「お前か?この犬、おいくら?」

というなり、鋏で籠を破壊して彼を購入します。
●女王様の犬
彼女は犬(春海和人)を購入し、自宅で彼を紐で縛りつけます。

夏野霧姫「私はお前の考えている事がわかるみたいだ。」

彼女は彼の心の叫びを受信して、例のペットショップへやってきたようで彼女の精神の安寧のために彼を殺害しようとします。

ところが、喫茶店の強盗から彼女を庇ったのが彼だと判明すると、彼女はシャワーを浴び、黒い下着姿のまま、

夏野霧姫「私を見て何も思わないのかって聞いているのよ、このエ○犬!」
春海和人「あっ、俺、官能小説しか抜けないし立体には興味無いんで。」


彼はそう言い彼女のおっぱ○(貧乳)を見ながら、

春海和人「立体…、でもないか!」

ともかく彼は彼女の家に住む事になります。

夏野霧姫「犬鍋って美味しそうだよね!」
●夏野霧姫のもう一つの名前
彼が欲しい物は本。そこで彼女は彼を書庫に案内すると彼は狂喜乱舞!

夏野霧姫「貴方、そういえば私の名前を呼んでいたわね!」

そう、彼女(夏野霧姫)のペンネームは作家・秋山忍。彼女は彼の大好きな作家なのです。

そしてニュースにて彼の殺害された事件が報道され、彼と彼女はとあるアパートに出向くと…。

「犬とハサミは使いよう」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「進撃の巨人」第12話「暴走する唯一の希望」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「犬とハサミは使いよう」TVアニメ公式Webサイト
「犬とハサミは使いよう」AT-X公式Webサイト