「薄桜鬼」検定の公式ホームページ

写真拡大

日本出版販売(東京・千代田区)は2013年9月29日、恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼(はくおうき)」の知識を問う「薄桜鬼検定」を行う。

「隊士」「副長」を目指せ

今回は、同社が手がけている検定の中で初の、ゲームを題材にした検定試験となっている。

2008年に発売された「薄桜鬼」は時代の転換期・幕末の史実をベースにしたストーリーと、騒乱の時代を力強く生き抜くキャラクターで、ファンを魅了している。

第1回目は、「薄桜鬼」初級者レベルの「隊士」と、中級者レベルの「副長」を実施。ファンにとっては「お約束」の問題から、ゲームを繰り返しやっていないと分からない難問まで幅広く出題するという。

さらに、「薄桜鬼検定公式テキスト(仮)」(アスキー・メディアワークス刊/電撃Girl's Style編集部・編)が今夏発売予定だ。

試験終了後には、受験者全員に「薄桜鬼イラスト入り結果通知書」が届く。合格者しか手に入れることのできない合格者限定特典もあるという。

問題形式はマークシート4者択一方式で、全100問。東京と大阪で9月29日に開催される予定。

受験料は隊士(初級)が4725円、副長(中級)5775円。

応募締め切りは8月29日。