世界ランキング50位以内をキープ!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 最新の世界ランキングが発表され、「〜全英への道〜ミズノオープン」でプロ転向後初の予選落ちに終わった松山英樹は前回と変わらず48位をキープした。米国男子ツアー「AT&Tナショナル」で優勝したビル・ハース(米国)は24位に浮上、予選落ちの石川遼は140位にランクダウンしている。
松山英樹、来季米ツアー熱望!「少しでも多く稼いでシードを」
【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(12.72pt)
2位:ローリー・マキロイ(9.15pt)
3位:ジャスティン・ローズ(8.05pt)
4位:アダム・スコット(7.14pt)
5位:マット・クーチャー(6.64pt)
6位:フィル・ミケルソン(6.12pt)
7位:ブラント・スネデカー(6.01pt)
8位:ルーク・ドナルド(5.93pt)
9位:グレアム・マクドウェル(5.43pt)
10位:ルイ・ウーストハウゼン(5.09pt)
24位:ビル・ハース(4.04pt)
48位:松山英樹(2.49pt)
76位:藤田寛之(1.96pt)
139位:谷口徹(1.28pt)
140位:石川遼(1.27pt)
158位:藤本佳則(1.10pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>