玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、夏木マリらが演じるキャラクターの写真が解禁!/[C]2013 Asmik Ace, Inc. /TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / AMUSE INC.

写真拡大

『花より男子ファイナル』以来、5年ぶりの映画出演となる松本潤が主人公・浩介を、そして『のだめカンタービレ 最終楽章 前・後編』以来、3年ぶりの映画出演となる上野樹里がヒロイン真緒を演じる10月12日(土)公開の『陽だまりの彼女』。累計発行部数60万部を超える“女子が男子に読ませたい恋愛小説No.1”に輝いた同名小説を、『ソラニン』『僕等がいた』を手掛けた三木孝浩監督が映画化する。

【写真を見る】『陽だまりの彼女』クランクアップ当時のヒロイン上野樹里

主演・松本潤、ヒロイン・上野樹里に続き、本作のキャストが発表された。真緒の会社の先輩であり、真緒に密かに想いを寄せる新藤春樹役に玉山鉄二。「松本君、上野さん、皆さんのこの作品に対する愛情が豊かで、いろんなアイデア、キャラクター設定、全てが巧妙で自分も勉強させていただきました。自分の(演じる)新藤という役は原作にない役どころで、キャラクター作りにすごく苦悩しましたが、監督とも丁寧なディスカッションができて、新鮮なキャラになったと思ってます」(玉山)

他にも、浩介の会社の先輩でモテない男、田中進役に大倉孝二。同じく浩介の会社の同僚、峯岸ゆり役に谷村美月。浩介の弟、奥田翔太役に菅田将暉。物語の鍵を握る映画オリジナルの謎のキャラクター・大下役に夏木マリ。さらに、北村匠海(中学時代の浩介)、葵わかな(中学時代の真緒)、小籔千豊(浩介が勤める会社の部長)、西田尚美(浩介の母)、とよた真帆(真緒が勤める会社の上司)、木内みどり(真緒の母)、塩見三省(真緒の父)も出演する。実力派俳優陣たちの競演に期待したい。