高田賢三、山本耀司、小篠順子...新人デザイナー賞の草分け「装苑賞」歴代作品展示

写真拡大

 1936年に創刊し、創刊77周年を迎えるファッション誌「装苑」と、1956年に創設されたファッションコンテスト「装苑賞」の過去の歩みを振り返るアーカイブ展「『装苑』と『装苑賞』その歩み展」が、文化学園服飾博物館で7月3日から9月28日にわたって開催される。同展では、「装苑」の創刊号から最新号までの約850冊と共に、「装苑賞」の歴代受賞作品84点を公開する。

装苑と装苑賞その歩み展開催の画像を拡大

 「装苑」は、日本で最も長い歴史を持つファッション誌。日本の洋装教育の草分け的存在である文化学園と共にあり、創刊20周年目には新人デザイナーを対象とした公募ファッションコンテスト「装苑賞」をスタートさせ、多くのデザイナーを輩出してきた。過去には、山本寛斎や熊谷登喜夫(TOKIO KUMAGAI)、田中三郎(ATELIER SAB)、津村耕佑(FINAL HOME)、浜井弘治などが「装苑賞」を受賞している。

 同展は、「装苑」の創刊号から最新号までの約850冊と「KENZO(ケンゾー)」創始者の高田賢三や、山本耀司(Yohji Yamamoto)、小篠順子(JUNKO KOSHINO)などを含めた装苑賞受賞作品84点を展示。それぞれが果たしてきた役割や歩みをもとに、日本ファッションの動向を振り返ることを目的とした展示会になるという。また7月20日と9月14日には「装苑」編集長の片岡朋子によるトークイベントの開催が予定されている。


■『装苑』と「装苑賞」その歩み展
 会期:2013年7月3日(水)〜9月28日(土)※日曜日・祝日(ただし、7月28日(日)、8月4日(日)は開館)※夏期休館=8月11日〜18日
 場所:文化学園服飾博物館 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1階
 開館時間:10:00〜16:30(7月19日(金)、9月27日(金)は19時まで開館)*入館は閉館の30分前まで
 入館料:一般500(400)円、大高生300(200)円、小中生200(100)円*( )内は20名以上の団体料金* 障害者とその付添者1名は無料
 ギャラリートーク:7月20日(土)、9月14日(土)各回13:30〜(先着30名)
 TEL: 03-3299-2387
 WEB: www.bunka.ac.jp/museum/hakubutsu.htm