「金持ち企業ランキング」発表 3位「任天堂」2位「キヤノン」

写真拡大

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社はこのほど、第1回「金持ち企業ランキング」調査を発表した。

調査対象は金融機関を除く決算短信提出企業で、2013年5月29日時点で開示されていた2012年4月期決算以降の最新決算を元に行われた。決算書の記載に基づき算出した「NetCash」を比較した結果、1位は山梨県のロボット制作会社「ファナック」(NetCash7,277億円)。次いで「キヤノン」が2位(同6,626億円)、「任天堂」が3位(同4,787億円)という結果となった。以下「ヤフー」、「大塚ホールディングス」、「日本航空」(同3,028億円)、「京セラ」(同2,716億円)と続いた。

業種としては、製造業がトップ20のうち11社を占める結果となった。特に、医薬品関連においては、上記製造業3社の他に、卸売業2社(アルフレッサホールディングス、メディパルホールディングス)が含まれており、商材特性として資金繰り負担が少ない傾向がある可能性を示している。

今回のランキングは、2013年3月末時点での企業の現金・預金残高が225兆円と過去最高となった点に着目し、企業のNetCash保有量を比較することで、その企業の安全性の高さについて、一面的に調査したもの。