『ガンダム』のクリスタル立体パズルが登場、シャアザク、ハロなど計4種類

写真拡大

玩具、ゲーム用品メーカーのビバリーが、人気アニメ『機動戦士ガンダム』の立体パズル「クリスタルパズル シャア専用ザク」など計4種を8月9日より全国の玩具店、百貨店などで発売する。

「クリスタルパズル」は、クリスタルのようなプラスチック製の透明ピースを組み上げる立体ジグソーパズル。平面的なパズルが「絵画パズル」であるのに対し、この立体パズルは「彫刻パズル」とも言うことができ、3次元で完成した形をイメージしながら組み立てるという一般的なジグソーパズルとは異なり、より立体的な視点が必要となる。完成したパズルをインテリアとして飾って楽しむコレクターもいるようで、これまでに約70種類が発売されている。

今回発売されるのは計4種で、まず「シャア専用ザク」(45ピース)、「量産型ザク」(44ピース)は、ジオン軍のモビルスーツ「ザク」の胸像。別売りのLED台座(税込価格840円)を使用すると、暗闇に浮かび上がるザクとしてディスプレイが可能に。また、それぞれシャアとジオン軍パイロットの人形も付属する。

そして「ハロ・グリーン」「ハロ、ピンク」(各49ピース)は、『ガンダム』のマスコット・キャラクター小型球体ロボット「ハロ」の立体パズル。カバーの羽根や手足のパーツなどを付け替えれば、飛んでいるハロ、立っているハロ、座っているハロ(台座使用)などさまざまなポーズを楽しむことができる。

(C)創通エージェンシー・サンライズ