「貞子3D2」で世界初の試み―スマホアプリ連動映画

写真拡大

8月30日(金)公開の3Dアトラクションホラー・シリーズ第2弾「貞子3D2」(監督:英勉)。前作では3D技術を駆使した“飛び出す貞子!”で全国の映画館を悲鳴の嵐にしたシリーズ最新作の仕掛けが発表された。

【関連:写真集「貞子の休日」メイキング映像到着!】

貞子3D2


今作では、電子機器の電源をOFFにしなければいけない映画鑑賞の常識を覆す、前代未聞にして世界初の上映スタイル。なんと電源ONを推奨しているのだ。
8月上旬から無料配信される、スマートホン専用アプリを起動させて映画を視聴すると、本編に連動して様々な恐怖が襲いかかるという。その名もスマ4D(読み方は、スマフォーディー)。

ちなみに何がおこるかというと……

・劇中の電話が、自分にかかってくる
・突然バイブで震える
・突然スマホが叫ぶ
・自分のカメラのフラッシュが突然連続で光る
・本編終了直後、貞子から何かが届く
・上映外でも何かが起こる?

「貞子3D2」は、前作「貞子3D」から5 年後が舞台。世間では謎の突然死が多発していた。新種のウィルスによるものか、それとも意図的なテロなのか?捜査が進むうち、数年前の“呪いの動画”事件が関係していることが判明する。大学院で臨床心理学を学ぶ安藤楓子、そして共に暮らす姪の二人にも謎の恐怖が近づきつつあった……。

鈴木光司の最新描き下ろし原作による“最恐のアトラクション・ホラー”第2 章がついに始動する。

公式HP:http://www.sadako3d.jp/

(C)2013『貞子3D2』製作委員会