同世代の俳優として、お互い意識し合ってきた藤原竜也・山田孝之が初競演で火花を散らす!

写真拡大

中田秀夫監督と藤原竜也、山田孝之による大ヒット韓国映画のリメイクが決定。タイトルは『MONSTER』(仮) 。韓国オリジナル版である『超能力者』は2010年に韓国で200万人以上を動員した大ヒット作品で、世界12ヶ国の映画祭に出品され話題となった。

【写真を見る】『超能力者』スペシャル・エディションDVD 発売:ツイン 販売:パラマウント ジャパン 4179円 発売中

日本で公開を迎えた2012年春に、佐藤貴博プロデューサーがリメイク権の獲得に動いた。すでにハリウッド、ヨーロッパからリメイク権のオファーが相次いでいたが、『デスノート』のプロデューサーによる、中田秀夫監督、藤原竜也主演のプロジェクトならば、と快諾。日本最高峰のスタッフ・キャストでの映画化が決定。しかも、韓国オリジナル版とは違う日本版ならではの結末が用意されるという。

“全ての人間を操れる力を持つ男”と、“その能力が唯一通じない男”の激突を描く本作。超能力という超常現象を扱いながらも、閉塞する現実社会でもがき苦しむ人間同士の戦いは、リアルで壮絶なドラマをはらみながらも、普遍的なテーマの物語だ。

殺し合う宿命を背負った2人の男に、『デスノート』シリーズ、『カイジ』シリーズ、『藁の楯 わらのたて』など大ヒット作への出演が続く藤原竜也と、人間ドラマ、バイオレンス、コメディ作品など幅広いジャンルの作品に出演する実力派俳優・山田孝之。本作で初めての共演となるが、お互い「いつか絶対一緒に芝居をしたい」と思っていたと口をそろえてコメントを寄せている。また監督には、ハリウッドデビューも果たし、直近では『クロユリ団地』を手掛けた中田秀夫。火花散る激突にして、どちらが生き残るかわからない至極のサスペンスをスピーディに展開していく。

『MONSTER』(仮)は7月よりクランクインし、完成は12月となる予定。公開は2014年。【Movie Walker】