TVアニメ『ゆるゆり♪♪』、七森中☆ごらく部が大阪に参上! 「とことん続くよ! ゆりゆららららゆるゆり放送室文化祭」

写真拡大

2012年7月より放送されたTVアニメ『ゆるゆり♪♪』のメインキャスト陣で結成される「七森中☆ごらく部」が2013年4月21日、大阪市立こども文化センターにて、ラジオ大阪で放送中のラジオ「ゆりゆららららゆるゆり放送室」の公開録音イベント「とことん続くよ! ゆりゆららららゆるゆり放送室文化祭」を開催した。

会場を埋め尽くすゆりゆらーの前に、まずは同じくラジオ大阪で放送中の「めっちゃすきやねん」にてパーソナリティを務める大空直美、中島唯、松田颯水の3人が前説で登場。そして会場も温まったところで、”ゆっるり〜ん”と七森中☆ごらく部の三上枝織(赤座あかり役)、大坪由佳(歳納京子役)、津田美波(船見結衣役)、大久保瑠美(吉川ちなつ役)の4人がステージに姿を見せ、場内は大きな歓声で包まれる。

本ラジオの公開録音イベントは何度か行われているが、今回もこれまでと同様、ラジオの人気コーナーをファンの前で実演。まずはリスナーから寄せられた話題で4人がトークを繰り広げる「話題BOX」でイベントの幕を開ける。

”リスナーから寄せられた話題”で展開する本コーナーだが、今回はBOXの中に”ジョーカー”が仕込まれており、ジョーカーを引くと、引いた本人がその場で話題を考えるというルール。とはいえ、なぜかジョーカーが全体の8割、2回目にいたっては9割を占めており、2回公演で計4回のトークテーマはいずれもジョーカーという結果に……。

続くコーナーは、作品中のごらく部のように何か新しい遊びを開発してみんなで遊んでいこうという「ごらく部活動」。ステージで寝ている姿をレポートする「春うらら 寝起きドッキリ」(1回目)では、レポーター役の三上があまりにもノリノリで、「皆さん、私のテンションに若干引いてない?」と自らを心配するシーンも。

2回目のイベントは王様ゲームならぬ「女王様ゲーム」。大久保の「2番(津田)がラップでファンに日頃の感謝を伝える」ではDJ TSUDAが降臨! 大坪の「3番(大久保)が私に愛をささやく」では、なぜかおなじみの姉妹コントが始まるなど、大盛り上がりで笑いの絶えないひと時となった。

続いては、リスナーから送られたシチュエーションやセリフをもとに、アドリブでゆりゆりな寸劇を演じる「ゆりゆり劇場」。公開録音イベントでは欠かせない本コーナーだが、2回目のイベントでは「ゆりゆり劇場ミュージカル」を実施。いつもに増して強引かつカオスな展開で会場をおおいに沸かせる。

イベントの締めくくりはライブコーナー。第2期オープニングテーマ「いぇす! ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」と第2期エンディングテーマ「100%ちゅ〜学生」を熱唱し、およそ1時間のイベントを締めくくった。

(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部