(画像:「アニマックス」公式Webサイトより)
©2013 押見修造・講談社/「惡の華」製作委員会

●キャスト
春日高男(かすが たかお):植田慎一郎
仲村佐和(なかむら さわ):伊瀬茉莉也
佐伯奈々子(さえき ななこ):日笠陽子
山田正和(やまだ):松崎克俊
小島建(こじま けん):浜添伸也
木下亜衣(きのした あい):上村彩子

●ストーリー
ボードレールを愛する少年、春日高男。
ある日、彼は出来心から大好きな佐伯奈々子の体操着を思わず盗んでしまう。
しかしその行為は変わり者の少女・仲村佐和に目撃されていた…!!
春日、仲村、佐伯の奇妙な三角関係が思春期を爆発させる!
かつて、そして今、思春期に苛まれるすべての少年少女に捧ぐ純愛ストーリー!
●仲村佐和の部屋
春日高男は仲村佐和の家を訪れ、彼女の部屋に足を踏み入れます。もちろん彼女はいません。

春日高男「仲村さんの、匂いがする。」

妙に顔を赤くする彼。彼は匂いフェ○なのでしょうか?

部屋の中は荒れた形跡があり、彼女の脱ぎ捨てた靴下も見えます。そしてゆっくりと室内を見渡すと、引き出しの中に彼女のノートが!
●絶望のノート
そして仲村佐和のノートを引き出しから取り出し、読み耽る春日高男。そのノートには数々の罵詈雑言と自分は変態であるという趣旨の記述、そして変態の同類として春日高男の存在を明記し、それからの数々の変態プレイについて詳細に記されていますが…。

最後まで読み終えた春日高男、その最後のページには、

「向う側へ行けなかった!」


涙する春日高男、そして帰ってきた仲村佐和。
●行き場の無い閉塞感
春日高男「仲村さん、僕は、僕は…。」
仲村佐和「早く出てけよ、エッチ!」


※もっとも仲村佐和が本当に春日高男を変態と認識しているのであれば、この状況は想定の範囲内であると思われます。

そのまま外に走り出す2人。そして、

春日高男「仲村さん、お願い、お願いだから一緒にこの町で、この町の中で向こう側を見付けたいんだ!」

しかし、彼女は激昂して彼の上に騎○位の体位を取ります。

仲村佐和「何様なんだ、お前!何が向こう側だ、何が作文だ!クズ、クズ、クズ、クズ、クズ、クズ!」

彼女は自らの内面を彼に見られた事、そして、彼女の行き場の無い現実への閉塞感、それらが全て爆発しているようです。
●惡の華
春日高男と仲村佐和にとっての惡の華、それは…。

「第一部 完」

第二部はあるのでしょうか?

※TV放映されるとは思えませんが…。

「惡の華」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「惡の華」第12話「分かりません。友達と言うか、仲村佐和さんが何を考えているのか…。でも、僕は分かりたいんです!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「惡の華」第11話「これで良かったんだ。このまま僕は一人ぼっちでこの町で死ねば良いんだ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「惡の華」第10話「僕は変態ですら無い!僕は誰よりも最低な糞虫野郎なんだ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「惡の華」第9話「おめえが私についてくるんだろ!屑達磨!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「惡の華」第8話「胸張れよ!やっと皮一枚剥けたんだから!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「惡の華」TVアニメ公式Webサイト
「惡の華」アニマックス公式Webサイト