●樹形図(ツリーダイアグラム)の設計者

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S

<キャスト>
御坂美琴:佐藤利奈
白井黒子:新井里美
初春飾利:豊崎愛生
佐天涙子:伊藤かな恵
食蜂 操祈:浅倉杏美
枝先 絆理:佐藤聡美
布束砥信:葉山いくみ
春上衿衣:花澤香菜
ミサカ妹 / 10032号:ささきのぞみ
上条当麻:阿部敦
一方通行(アクセラレータ):岡本信彦

●ストーリー
東京都の西側1/3の広さに230万人の人口をもつ巨大な「学園都市」。
最新技術が集まり、超能力の開発をその目的としているこの都市には、最強と謳われる7人の『超能力者(レベル5)』がいた。
そのひとり『超電磁砲(レールガン)』こと御坂美琴は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳。後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子、彼女の同僚・初春飾利らとともに、平和な日常を謳歌しながらも、学園都市の裏側で起こる事件に巻き込まれていく。

※ちなみに第2期です(『とある魔術の禁書目録』も含めると第4期です!)。
●彼女は自分で解決しようとする。
御坂美琴「小さい頃、私が眠っているとママが全部解決してくれた。」

現実は甘くない、自分が動かないと何も解決しない。小さい頃のごく限られた世界ならいざしらず、彼女を助けてくれるヒーローがやってくる事も無い。

だから彼女は自分で解決しようとする。それも今日で終わりにする。
●ミサカ妹の依頼
上条当麻「オッス!そっちも補習帰りか?ビリビリ中学生!」
御坂美琴「ビリビリじゃなくて御坂美琴。今日は疲れているからビリビリは勘弁してあげるわ。」

彼はミサカ妹に先日のジュースを運んでもらった御礼を言おうと思っていたのですが…。

上条当麻はその後、再び御坂美琴に会うのですが、

上条当麻「えっ、ビリビリ?お前、さっきあっちに!あっ。」
ミサカ妹「ビリビリと呼ばれる根拠は無いので、この猫がビリビリと呼ばれるとミサカは推測します。」

彼女はゴーグルを外すと見た目上は御坂美琴と区別がつきません。

※話し方等で区別は出来なくはないですが。

彼女は常に微弱な磁場を発生させているため仔猫に餌を与える事が出来ない、そのため上条当麻に仔猫の飼育を依頼するのですが…。

ミサカ妹は胸の痛みを感じます。それは医学的なものというよりは…。

※その頃、御坂美琴が情報センターへ侵入して現在進行中のレベル6進化計画プロジェクトをハッキングし、混乱させる作戦を行います。
●仔猫の気持ち
上条当麻「全くお前も不幸だよな。」
ミサカ妹「何故鳴いているのですか、とミサカは問いかけます。」

と、先程拾った仔猫に餌を与えてみるミサカ妹。すると仔猫もすっかり彼女に懐いてしまった様子。

上条当麻「仔猫に名前を付けてみろよ。」
ミサカ妹「犬、とミサカは命名します。猫なのに犬…。」

※結局、仔猫の名前は「保留」となりました。

上条当麻は猫の飼育本を探しに古本屋に行き、ミサカ妹に仔猫を預けますが…。

※そう言えば、このシーンも『とある魔術の禁書目録』に登場していましたね!

そしてミサカ妹は一方通行(アクセラレータ)を見付け、追いかけます。
●無かった事に!
御坂美琴は情報センターに侵入してハッキングしようとするも…。

既に破壊、いや消滅させられていました。これは一体どういう事でしょうか?

「とある科学の超電磁砲S」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第11話「上条当麻、御坂美琴と再び出会う!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第10話「御坂美琴、窮鼠猫を噛む」(ネタばれ注意)
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第9話「窒素装甲(オフェンスアーマー)」(ネタばれ注意)
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第8話「フレンダ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第7話「四つ葉のクローバー」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「とある科学の超電磁砲S」TVアニメ公式Webサイト
「とある科学の超電磁砲S」AT-X公式Webサイト