ジャスティン・ビーバー

写真拡大

 ジャスティン・ビーバーがフロリダ州マイアミからカリフォルニア州バーバンクまでチャーターしたプライベート・ジェットが、彼のわがままのため8時間もマイアミで待機させられたという。


 TMZ.comによると、予定では午前11時に出発する予定だったが、ジャスティンは「ちょっと遅れている」と連絡を入れ、空港に着いたのは午後3時。やっと出発できるかと思いきや、ジャスティンはウェスト・パーム・ビーチに行ってペットの猿を引き取らなければならないと言い出したらしい。


 ジャスティンはヘリコプターをチャーターして猿を迎えに行ったあと、午後5時に飛行機はようやく離陸したという。


 猿と言えば、ジャスティンが以前に飼っていた猿のマーリーはドイツの税関で押収されている。その後もジャスティンはマーリーを取り戻そうとはせず、一定期間が過ぎたため、猿はドイツの所有物となり、動物園に引き取られたと報じられている。(BANG Media International)