JAL便の操縦席ガラスにひび割れ

ざっくり言うと

  • 30日、日本航空2377便が飛行中、操縦席の窓ガラスにひび割れが発生した
  • 安全確認のために伊丹空港に引き返し、けが人はなかった
  • 操縦席の4枚の窓ガラスのうち、中央右寄りの1枚にクモの巣状のひびが広がっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング