電動歯ブラシVS手磨き。有効なのはどっち?

写真拡大

手磨きよりも汚れがよく取れると、利用者も多い電動歯ブラシ。オフィスや外出先でも使える持ち運びタイプも人気ですね。

でも、手で磨く場合と実際はどちらが効果的なのでしょうか?

電動歯ブラシは、通常の歯ブラシに比べ、力加減が分かりにくいので、歯が磨り減ってしまったり、隅々まで磨きづらいことがあるのですが、歯肉のマッサージには効果的です。

普通の歯ブラシは、磨く力加減を自分で調整できますが、細かく磨くという点は電動歯ブラシより劣ることもあるのです。

ただ、電動歯ブラシも普通の歯ブラシもどちらが、より優れているということはありません。

電動歯ブラシも普通の歯ブラシも、大切なのは磨き方です。

口の中で一番細菌が活発に繁殖する、食後に磨くのが基本。時間がたつと、どんどん歯に細菌が付着して、取れにくくなってしまうからです。

強く磨きすぎると歯茎を傷つけてしまったり、だからといって優しく弱く磨くと磨き残しがあったりして、歯肉炎や歯周病の原因にもなります。

歯ブラシで丁寧に磨き、さらにはメンテナンスとして、デンタルフロスや糸ようじ、歯間ブラシなどを使えば完ぺき。しっかりと口の中をキレイにしましょう。

特に固いものや繊維質の食べ物を食べたときは歯に挟まりやすいので、歯磨きは念入りに。

ヘッドの小さい歯ブラシを使うと細かいところまで磨きやすいでしょう。

実は、歯ブラシの種類には絶対にこれがよいという万人に合った歯ブラシはありません。

歯茎の状態や、歯の大きさ、歯並びによっても違うからです。

自分に合った歯ブラシを選ぶためには、歯医者さんや歯科衛生士さんに相談するのが一番。

そして、きちんと毎日、時間をかけて歯を磨いても、歯垢(しこう)がたまったり、歯ブラシでは取りきれないカスや菌がどうしても溜まってしまいます。

歯医者さんで定期的にお掃除してもらえば、美しい歯をキープできますね。