無印良品、国際デザインコンペティションを上海で開催

写真拡大

 良品計画の子会社、無印良品(上海)有限公司が、国際デザインコンペティション「MUJI AWARD 04 in CHINA(ムジ アワード イン チャイナ)」を開催をする。「未来のくらしに続くデザイン」をテーマに、衣・生・食・住にまつわるデザインをジャンル問わず募集。審査や発表、表彰は上海で行われ、入選作品は商品化が検討される。応募期間は10月1日から31日まで。

無印良品が国際デザインコンペ開催の画像を拡大

 5年ぶりの開催となる第4回「MUJI AWARD」は、中国市場の無印良品における価値観のさらなる認知向上とアジア全域の才能発掘に貢献することを目的とした公募展で、上海新旗艦店「無印良品上海APM」が7月5日に開店することを記念して開催される。審査員として、無印良品のアドバイザーでプロダクトデザイナーの深澤直人や、同じくアドバイザーでグラフィックデザイナーの原研哉をはじめ、中国から張永和(建築家)と王澍(建築家)、劉治治(グラフィックデザイナー)、香港からアラン・チャン(デザイナー)、 台湾から陳瑞憲(建築家)、英国からジャスパー・モリソン(プロダクトデザイナー)、ドイツからハルトムット・エスリンガー(プロダクトデザイナー)、そして無印良品(上海)商業有限公司董事総経理の王文欣が参加。金賞には20,000USドル(約198万円)の賞金が授与される。なお、2014年には「MUJI AWARD 04」の巡回企画展が、上海に続き香港や東京、ロンドン、パリなど各国の旗艦店で開催される予定だ。

 INTERNATIONAL DESIGN COMPETITION (インターナショナル デザイン コンペティション)「MUJI AWARD」は、良品計画が2006年にスタートし、3年にわたり開催してきた。同プロジェクトは世界のクリエーターによる作品からグローバルに通用する日常品のリソースの発見と新たな商品開発に試み、才能発掘に貢献することを目的としている。

■“MUJI AWARD 04 in CHINA” 応募概要
 テーマ: 「未来のくらしに続くデザイン」
     先人の知恵に学び、現代の暮らしを観察し、この先10年、50年、100年と存在し続けるデザインを新しい角度から発見してください。
 審査員:深澤 直人 無印良品アドバイザー・プロダクトデザイナー
      原 研哉 無印良品アドバイザー・グラフィックデザイナー
      張 永和 建築家・中国、王 澍 建築家・中国
      劉 治治 グラフィックデザイナー・中国
      アラン・チャン デザイナー・香港
      陳 瑞憲 建築家・台湾
      ジャスパー・モリソン プロダクトデザイナー・英国
      ハルトムット・エスリンガー プロダクトデザイナー・ドイツ
      王 文欣 無印良品(上海)商業有限公司董事総経理
 賞金:金賞(1作品)20,000USドル、銀賞(1作品)10,000USドル、銅賞(5作品)5,000USドル
 応募資格:フリーランスデザイナー、企業内デザイナー、学生等、個人・企業を問わず応募可能
      ※衣・生・食・住にまつわるものならジャンルは不問。入選作品は商品化を検討いたします。
 応募期間:2013年10月1日(火) 〜10月31日(木) 中国標準時(CST)24:00
 応募詳細:http://award.muji.net
 主催:無印良品(上海)商業有限公司