スコット・スピードマン

写真拡大

『glee/グリー』『アメリカン・ホラー・ストーリー』のクリエイターとして知られるライアン・マーフィーが新たに手がけるドラマに、『フェリシティの青春』で有名なスコット・スピードマンが、主要キャラのひとりとして出演することになった。

『Open』という題名のついた本作は、米HBOのドラマパイロット。"性と人間関係"を探求する、現代的で挑発的な内容になるとのことで、ライアンは『デクスター 警察官は殺人鬼』の共同製作総指揮を務めたローレン・ガシスとともに脚本を執筆している。

スコットはこれまで、『フェリシティの青春』や映画『アンダーワールド』シリーズなどに出演したのち、昨年は米ABCの『Last Resort』で、アメリカ政府から反逆罪で追われる原子力潜水艦クルーを、艦長とともに率いる一等航海士を演じた。本作で演じるジョナサンという役は、容姿端麗なスポーツマーケティング会社のエグゼクティブ、という設定だ。

なお、すでにお伝えしたように、本作には『ハンガー・ゲーム』のウェス・ベントリーが出演することもすでに決まっている。イケメンが次々と抜擢される本作、果たしてどんな仕上がりになるのだろうか。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
"セックス"を題材とした『glee/グリー』クリエイターの新作ドラマに、『ハンガー・ゲーム』のウェス・ベントリーが出演
『ゲーム・オブ・スローンズ』不名誉な栄冠!? またもや違法ダウンロード件数トップに
英米合作のミリタリーアクション大作『ストライクバック:極秘ミッション』が7月からWOWOWに登場!