明日も最終組で戦う堀と全美貞(撮影:福田文平)

写真拡大

<アース・モンダミンカップ 3日目◇29日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,516ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」の3日目。この日は3位タイからスタートした堀奈津佳が大会レコードタイとなる“64”をマークして単独首位に立ったが、今大会では連日のように大会レコードタイのビッグスコアが飛び出すなど稀に見る熾烈なバーディ合戦が展開されている。単独首位の堀は2位の全美貞には2打差、3位タイの東浩子、イ・ボミには6打差のリードがあるが、まだまだ多くの選手に逆転優勝の可能性が残されていると言っていいだろう。
LIVE写真館で「アース・モンダミンカップ」の3日目を振り替える!!
 堀にとって最も怖い存在になるのは単独2位の全だ。2日目には大会レコードタイの“64”をマークしているし、その爆発力については言うまでもないだろう。今日はロングパットやアプローチのミスからスコアを伸ばしきれなかったが、ゴルフは好調を維持しており、本人も「優勝できればいいなと思います」と虎視眈々と優勝を狙っている。
 また3位タイにつけるイ・ボミも怖い存在だ。初日は51位タイと出遅れていたが、2日に“66”のビッグスコア、さらに今日も着実にバーディを重ねて“68”をマークして3位タイまで浮上してきた。2日目以降の躍進を支えているのは好調なショット、2日目は17ホール、3日目も16ホールでパーオンに成功している。ショットが安定しているだけにパットが決まりだしたら、最終日一気に首位をつかまえる展開もあるかもしれない。
 それ以外にも3日続けて“69”をマークしているジャン・ウンビや今大会ノーボギーの金田久美子などトータル8アンダーから9アンダーまでの間にも多くの実力者たちがひしめいている。開催コースであるカメリアヒルズカントリークラブは2日目に横峯さくらが話したように「バーディが出るけど、ボギーも出るコース」。強い緊張感を伴う最終日のプレーではより顕著にその傾向が表れるだろう。堀奈津佳が逃げ切り優勝を果たすのか、それとも大会レコードを更新するようなビッグスコアを出して大逆転を果たす選手があわられるのか。最終日、試合がどのように動いていくのか大いに注目したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
堀奈津佳が大会レコード“64”で2勝目に王手!「明日も強気で」
同期の堀奈津佳と最終組対決へ!ツアールーキー東浩子が3位タイに浮上
「全米女子オープン」2日目はこちらから!
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
各ツアーの賞金ランキング