汗で有害ミネラルを排出!正しいデトックス法

写真拡大

知らぬ間に体内に蓄積されている体外毒素、“有害ミネラル”。しっかりデトックスする意識を持たないと、健康だけでなく美肌を阻害する原因になってしまいます。本日は、その有害ミネラルを効果的に排出するための方法をお伝えします。

■有害ミネラルとは

現代人の大半は、体内に悪影響を及ぼす有害ミネラルを、毎日知らぬ間に取り込んでしまっていると言われています。有害ミネラルとは、人間の体内で利用されないと考えられている重金属の総称。本来、人の体にあるべきでない物質が、食べ物などを介して入ってきてしまう“体外毒素”なのです。主な有害ミネラルとしては、水銀、ヒ素、カドミウム、鉛などがあり、蓄積されると体に不必要どころか、様々な機能を阻害してしまう恐れが。

■有害ミネラルが体に及ぼす影響

これらの有害ミネラルは、時間をかけて少しずつ体内に蓄積され、美容の悩みだけでなく疲れやすいといった健康トラブルを引き起こす原因となってしまいます。そこで、下記に、各々の成分が体に及ぼす影響を記載しました。

(1)水銀

ヒアルロン酸を作る酵素を阻害し肌荒れの原因になってしまう可能性があります。

(2)ヒ素

全身の皮膚が黒くなる(色素沈着)原因になってしまう可能性があります。

(3)カドミウム

貧血や、肌のコラーゲン合成を抑制してしまう原因になってしまう可能性があります。

(4)鉛

疲労や頭痛、不眠などのイライラ症状の原因になってまう可能性があります。

■汗には2種類ある!?正しくデトックスする方法

体に不必要な有害ミネラルは、どうしたら体外に排出できるのでしょうか。有害ミネラルは脂肪に多く溶け込んでいるため、汗をかいて皮脂と一緒に排出することができます。しかし、通常、私たちがかく汗は、汗腺から出るベタベタの汗。本来デトックスに有効なのは皮脂腺から出るサラサラの汗なのです。このサラサラの汗をかくにはどうしたら良いでしょうか?

まずは、皮脂腺の出口である毛穴を開いてあげることがポイント。そして、皮脂がスムーズに毛穴から出て行けるよう、体の真までじっくり時間をかけて温めましょう。また、湿度が高いこの時期は毛穴が開きやすいので、有害ミネラルをデトックスするにはベストなタイミングですよ。

有害ミネラルを上手に正しくデトックスして、体内美人を目指したいですね!

【参考】

いつもキレイな女の秘密 – all about ミーコ