舞台挨拶に立った日南響子と青木崇高

写真拡大

女優でモデルの日南響子の主演作「桜姫」が6月29日、公開初日を迎え、日南と共演の青木崇高が、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で舞台挨拶に立った。

日南は本作で、現在病気療養中のセクシー女優・麻美ゆまと激しいバトルシーンを演じている。舞台挨拶前に麻美から「がんばってね」というメールを受け取ったことを明かし、「安心してここに来られました」と報告。また、この日麻美は観客向けに「必ず元気になって帰ってくるので待っていてください」という言葉と共に、サプライズで日南を激励するメッセージを寄せた。日南は、司会が読み上げたメッセージに感激の面持ちで「早く元気になってほしい。またお仕事でもご一緒したい」と目を潤ませながら話した。

映画は歌舞伎の演目「桜姫東文章」を原案に、一途にひとりの男を思い続け遊女へと転落していく少女の生きざまを描いた時代劇エンタテインメント。「探偵はBARにいる」「相棒シリーズ X DAY」の橋本一監督がメガホンをとり、日南はきわどいラブシーンに挑戦したことが話題となった。

「撮影が楽しすぎて、それが前面に出ている」と作品を語る日南は、体を張ったシーンについて「濡れ場にしても、キャットファイトにしてもお互いを出し合えたので楽しめた」。演じたキャラクターの「ぶっとんでいるところ」が自身と共通すると言い、「花魁(おいらん)や遊女に興味があったので演じられて良かった」と笑顔で振り返った。

桜姫が恋焦がれる男を演じた青木は、日南の奔放な魅力を「相当変態、桜姫が地に近い。現実の人じゃないみたい」と絶賛。「ようこそクレイジーな映画へ。声を出して笑って楽しんで」と観客にアピールした。

■関連記事
【予告編】「桜姫」
日南響子が体当たりで熱演 「桜姫」メイキング満載の特報映像公開
日南響子、主演映画「桜姫」で大胆な濡れ場に初挑戦
日南響子、ネコ耳コスプレで登場 クリスマスは「女子会」希望
日南響子、写真集アプリでセクシーな黒猫に変身