足立梨花

写真拡大

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」をはじめ、バラエティー、グラビアで活躍中の足立梨花が、最新写真集「ADAJIRING」の発売を記念した握手会を新宿・福家書店で行い「桃みたいにプリっとなっていて、肉厚なところがいいとみなさんにいわれるんです」と自慢の美ヒップがフィーチャーされた写真集をPRした。


 今回の4冊目の写真集は4月に湘南で撮影。20歳になって初めての写真集ということで、撮影の合間に梅酒ソーダで乾杯できたのがうれしかったという。足立は「自分では120点の出来。タイトルの『ADAJIRING』は『アダチ』と『ジリ』と紅茶の『ダージリン』をまぜた造語ですが、なぜ紅茶が入ったのかわたしにはわかりません(笑)。でも最後が『ING』の進行形になっているのがお気に入り。まだまだ成長中でありたいと思うので」とコメント。


 「もちろんお尻も成長させたいし、今回、わたしって胸がないなあと写真を見て改めて思ったので、胸も成長させたい。から揚げを食べると胸にいいと聞いたんです」という足立は、週に3、4回の割合でから揚げを食べているそうだが、効果はないという。「今はドラマ、バラエティー、グラビア、どのお仕事も全部楽しい」とタレントとして成長中の顔を見せる。


 今月24日から始まった「あまちゃん」の「東京編」では、本格的にアイドルを目指すヒロイン・アキが所属する芸能事務所で、看板アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」(アメ女)のセンター・ポジション「マメりん」こと有馬めぐ役で出演している。足立は「アイドルグループのセンターなんて、わたしでいいのかなと思ったけど、周りから『意外にセンターっぽい』といわれて、その気になりました」とニッコリ。


 ヒロイン・アキ役の能年玲奈については「最初は静かな方と聞いていたけれど、今はすっかり打ち解けて『ズンダ、ズンダ』っていいながら遊んでいます」という足立。記者陣から「アイドルグループとしてNHKの紅白歌合戦に出たりして?」と聞かれると「いやぁ、夢ですけど、そんなオファーがあったらいいですね。でも1曲通して歌って踊るって、大変だってわかりました。マメりん役でアイドルのセンターってすごいと思いました」としみじみ語っていた。(取材/岸田智)


最新写真集「ADAJIRING」は発売中