キーボードはオプション。

写真拡大

日本エイサーは2013年6月26日に、windows8を搭載した8.1インチのミニタブレット「Iconia W3-810」の予約を始めた。同社の調査によると、2013年6月4日時点では、windows8を搭載したタブレットの中では世界最小とのこと。7月11日から販売する。

オフィス最新版も標準装備

最大で720pの動画を連続8時間視聴できるバッテリー容量に、1つの画面でサイトやファイルなどを同時に表示できるマルチウインドウにも対応。また、Microsoft Office Home and Business 2013もプリインストールされており、プライベートではもちろんビジネスシーンでも活用できる。

プロセッサーはAtomのデュアルコアで周波数は1.8GHz、メモリはLPDDR2の2GBを採用しており、マルチタスクをこなすのに十分なスペックだ。ストレージは64GBのフラッシュメモリを搭載。

タブレット本体を収納できるキーボードなども同日発売する。

価格は6万円前後の予定だ。