そのアドリブ芝居が共演者から絶賛された劇団ひとり

写真拡大

 劇団ひとりが29日、新宿バルト9で開催された『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』公開記念感謝祭に出席し、そのアドリブ芝居が故・松田優作さん級であると俳優の斎藤工から絶賛された。この日はほかにおぎやはぎ(矢作兼、小木博明)、葵つかさ、やべきょうすけ、佐久間宣行監督も来場した。


 驚異的なアドリブと憑依芝居を見せつけ、数々の名言、名場面を生み出してきた「Mr.キス我慢」こと劇団ひとりは、まさかの映画化に「皆さんからすごいねと言っていただけるんですが、みんながすごいと言うんできっとすごいんだと思います。自然体で、ただ、流れに身を任せてやっているのが天才と言われるゆえんなのかな」と自画自賛。すると矢作から「そういうのは俺たちが言うから大丈夫だよ」とたしなめられる一幕もあった。


 そして矢作の言葉通り、この日は共演者たちから、ひとりに対する賛辞が惜しみなく送られた。劇中で刑事役を務める斎藤からは「僕は映画が好きでこの世界に入ったんですけど、こんな映画は二度と生まれない。カメラも、ひとりさん以外はリハーサルをして、動きが決まっているんですが、(ひとりに対しては)動物を捉えるように何台もカメラが用意されました。それは晩年の松田優作さんと一緒。台本を超えて生きるというか、映画俳優の神髄を学んだ気がします」と感服した様子。


 登壇者たちは「マジで!?」と驚いた様子を見せたが、斎藤が「ただこの映画は朝の9時から観るものじゃない。皆さんがどういう気持ちで今日一日を過ごすのか心配です」とオチを付け、会場を笑いに包んだ。


 プロデューサー、演出として「ゴッドタン」を支え続けた佐久間宣行は本作で映画監督デビュー。「無謀な企画でしたが、劇団ひとりを極限まで追い込んだ結果、こんな天才的なアドリブが生まれ、現場が白熱しました。いろんな方にあいつすごい、とその伝説を語り継いでもらいたい」と誇らしげな顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)


映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』はTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開中