「BDP-S5100」

写真拡大

ソニーは2013年7月27日、約3秒の高速起動によりコンテンツを再生できるブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S5100」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は2万円前後とみられる。

ボタン押しやすく

「高速起動モード」に設定して電源を入れると、約3秒で本機が起動するので、見たいコンテンツをすぐにディスクトレーにセットできる。高速ローディング(ディスク読み込み)処理の改良により、ローディング時間もスピードアップさせた。ブルーレイ3Dに対応する。

従来機種(「BDP-S590」)よりも横幅を70ミリコンパクトに設計。多面体のデザインを取り入れ、大胆にカットした天面前方部分に使用頻度の高いボタンを配置し、屈み込むことなくボタンを押しやすくした。また、スマホやタブレット端末を使ってインターネット動画などをより快適に楽しめる無料アプリ「TV SideView」に対応し、手元の端末を本機のリモコンとして使用できる。

サイズは幅360×高さ43×奥行き199ミリ、重量は約1.3キロ。

幅約290ミリのコンパクトサイズモデル「BDP-S1100」も同時発売される。こちらはブルーレイ3Dや「TV SideView」などに非対応。想定実売価格は1万4000円前後。