調理のモチベーションを高める機能も搭載!

写真拡大

「健康をはかる」企業のタニタは、調理用はかりとしてだけでなく、野菜の目標量と摂取量を表示する機能を盛り込むことで、日々の野菜摂取量を促進させる「デジタルクッキングスケール KD‐199」を、2013年7月10日に発売する。

メーンターゲットは20歳代〜40歳代の女性

最大計量は2キログラムで、最小表示は0.5グラム(1000グラムまで)。家族の人数と野菜摂取レベルを入力すると、摂取目標量を自動で計算し表示。これにより、現在の使用量と目標量の差を表示するので、目標達成までに、あと何グラム野菜を使用すればいいのかが、目で確認できる。

美容、健康のために野菜を摂ることを心がけている20歳代〜40歳代の女性をメーンターゲットに、目標を達成すると表示画面にごほうび表示がされるなど、調理のモチベーションを高める機能も搭載。野菜摂取量をはかることができ、より詳細なカロリーコントロールが可能になる。

大きさは、縦196×横130×厚さ29ミリメートル。表示は文字高22ミリメートルの大型液晶画面を採用。計量皿は取り外して洗える、すべりにくいシリコンカバー付き。カバーを裏返せば、パスタの計量にも使用でき、収納式スライドフックを備えるなど、使い勝手も配慮した。

ポップな野菜のデザインで、色はレッドとオレンジ、グリーンの3色。

オープン価格。