クリス・カーター

写真拡大

アメリカで1993〜2002年に放送され、今年で20周年を迎える『Xファイル』。それを記念して、米サンディエゴ市で開かれるオタクイベント「Comic-Con International: San Diego 2013」の期間中、7月18日(木)に本作のパネルトークが行われることになった。

米TV Guide誌の広告によると、パネルトークのゲストには、番組クリエイターのクリス・カーターほか、脚本家/プロデューサーとして、ヴィンス・ギリガン、ハワード・ゴードンなどの名前が挙がっている。ギリガンは『ブレイキング・バッド』、ゴードンは『24 −TWENTY FOUR−』『HOMELAND』の脚本・製作総指揮として海ドラファンにもお馴染みの名前だ。

そしてファンとしてはやはり、モルダー捜査官役のデヴィッド・ドゥカヴニーや、スカリー捜査官役のジリアン・アンダーソンが参加するのかどうか気になるところ。ジリアンの公式サイトによれば、彼女は参加することは間違いないようだが、デヴィッドのほうはまだ不明だ。

いずれにせよ、パネルトークでは番組撮影時の思い出をはじめ、いろいろな話が飛び出すと予想される。ファンが待望している映画第3弾の話は出るのだろうか?(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『24』ドラマ復活に向けてショーランナーが意気込みを語る
『24−TWENTY FOUR−』ドラマ復活は本当だった! キーファー・サザーランドの主演が決定
映画化が一向に進まない『24−TWENTY FOUR−』を、TV番組として復活させる案が進行中?