津田大介氏らの共著『メディアのしくみ』を持つ井之上氏

写真拡大

精神科医の名越康文氏、人気ブロガーのやまもといちろう氏など、著名人のメルマガを発行する「夜間飛行」から7月、池上彰氏と津田大介氏との共著『メディアのしくみ』が刊行された。「なぜメルマガ会社が紙の書籍を出すのか?」という疑問を、夜間飛行社長・井之上達矢氏に聞いた。

――これまでメルマガを発行してきた夜間飛行が、なぜ今回、紙の書籍を出すことになったのですか?

井之上:私どもとしては「紙の本を出す」というのは、最初期から構想の中にあった、ごく自然な流れなんです。2011年3月のメルマガ配信開始の時から、私としては、夜間飛行を「メルマガ発行会社」ではなく「出版社」なのだと位置づけてきました。

メルマガでも紙の本でも、コンテンツが持っている可能性を最大限に引き出していく。その意味で私は夜間飛行を「出版社」と位置付けているんです。既存の出版社がメルマガを出してもいいし、メルマガ発行会社が紙の本を出してもいいはずですよね。

ここ数年、出版界では電子書籍も話題ですが、新しいテクノロジーも古いテクノロジーも含めて、使えるものはすべて使い、そのコンテンツを読者にとってもっとも幸せな「形」で提供する。それがこれからの「出版社」の仕事だと考えています。

――初の「紙の本」となる『メディアの仕組み』には、夜間飛行のこれまでの強みを活かした仕掛けはあるんでしょうか?

井之上:テレビ、新聞、ネットとそれぞれの役割が見直されている時期だと思うんです。その役割や、その信頼性において、従来の常識が通用しなくなってきた。それで、とりあえず「今のメディアのトリセツ(取扱説明書)」が必要とされている気がしたんですね。どうせ解説してもらうのであれば、テレビメディアを代表する池上彰さんとネットメディアを代表する津田大介さんというトップランナーの二人にお願いしたいということで、企画が立ち上がりました。

 技術的な面での「仕掛け」としては、紙の本に電子書籍版のダウンロード権をつけたことです(初版のみ)。これによって、購入した方が「電子書籍として読みたい」という理由で紙の本をわざわざ裁断し、スキャンするいわゆる「自炊」というナンセンスな方法を取る必要がなくなります。

 もちろん、ここには実験としての側面もあります。もしかすると「紙の本」を買う人は、電子書籍版を必要としない可能性もある。あるいは、今回の本は電子書籍版を単体で購入することもできますので、それを購入する人は「そもそも紙の本など必要ない」と言うかもしれませんよね。

いずれにしてもこれからの「出版社」に必要なことは、著者に「発信の技術」を提供するということです。それは単に「紙の本をつくる」「電子書籍をつくる」「メルマガを出す」ということに留まりません。新人作家には文章や物語の組み立て方のアドバイスが必要でしょうし、ジャーナリストの卵には取材の仕方から入る必要があるかもしれない。一線で活躍される作家の方にも、経験豊富な編集者からのフィードバックは、作品のクオリティを上げていく上で必要不可欠です。
 
夜間飛行もまだまだ発展途上ですが、そうした「出版社」のコアとなる機能を追求していきたいと考えています。