医療ドラマ「DOCTORS2」主演の沢村一樹

写真拡大

俳優の沢村一樹が6月28日、都内で行われた主演ドラマ「DOCTORS 2 最強の名医」(テレビ朝日系)のPRイベントに共演する高嶋政伸、比嘉愛未とともに涼しげな浴衣姿で登場。会場となった表参道ヒルズの吹き抜け大階段には、仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」の飾りがお目見えし、沢村は「このドラマはなるべく録画ではなく、OA(オンエア)でご覧ください」と一足早く短冊に願いをしたためた。

沢村が病院再生に尽力するスゴ腕のスーパー外科医・相良浩介を演じ、高視聴率を記録した「DOCTORS 最強の名医」が約2年ぶりにカムバック。今回は舞台となる堂上総合病院の後継者問題が浮上し「病院の裏側にスポットをあて、目に見えない問題をえぐりながら、少しでも日本の医療を変えていければ」(沢村)と抱負を語った。高嶋演じるライバル・森山卓との対決もヒートアップするといい「バトルの激しさは前作以上」(沢村)、「脚本がすばらしいだけに、演じる側は本当に大変」(高嶋)とファンの期待をあおった。

数日前には、沢村と高嶋が10時間近く酒を飲みながら、本作について語り合ったそうで、高嶋は「沢村さんなりに役に悩んでらっしゃることがわかった。とことん飲んだし、今後体重が75キロになるまでお酒は飲みません。今? 82.5キロですけど……」と禁酒を宣言。これには沢村も「前回もダイエットに失敗していましたけど、大丈夫ですか?」と心配顔だった。

正看護師の宮部佐知を演じる比嘉は「おふたりと一緒だと、気が引き締まる。緊張もあるが、負けずにお芝居したい」。七夕のお願いは「故郷の沖縄でロケ&打ち上げができますように」と笑顔を見せた。「DOCTORS 2 最強の名医」は7月11日午後9時から、テレビ朝日系24局ネットで放送される。

■関連記事
沢村一樹、人気小説を初舞台化する「しゃばけ」で11年ぶり2度目の舞台出演
マジメな沢村一樹、主演ドラマのため断酒1カ月継続中
比嘉愛未、中村勘九郎主演の「真田十勇士」で舞台初挑戦 豪華キャストと共演
濃姫カムバック!観月ありさ、より濃いドラマ約束
比嘉愛未「使命感ある」 朝ドラ故郷に笑顔を