ジョブズ映画の日本公開決定、知られざる半生を描いた初映画化作品。

写真拡大

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの知られざる半生を描いた映画の邦題が「スティーブ・ジョブズ」(原題:JOBS)に決まり、11月に日本で公開されることが決定した。

いまから2年前、2011年に56歳の若さでこの世を去ったスティーブ・ジョブズ。独自の考え方を貫き、周りの人すべてを敵に回した“反逆児”が、どのようにして世界中の人に愛されるデバイスを創ったのか。繰り返される成功と挫折の狭間で、彼は何を考え、何を想ったのか――。

世界で最も成功した男の心の光と影に触れる、

今回、スティーブ・ジョブズ役を演じた俳優のアシュトン・カッチャーは、ジョブズ本人の映像を研究し、独特の歩き方や振る舞いなどを学んだほか、役づくりのためもダイエットを敢行。自分とジョブズの顔を真ん中で半分に分けて作った写真を自らツイッターで公開するや否や、世界中からその瓜二つの顔に驚きの声があがり、大きなニュースとなった。

さらに、全米では8月16日に公開が決定。今なお話題の中心となり世界を驚かせ続けるスティーブ・ジョブズ待望の初映画化作品だ。

映画「スティーブ・ジョブズ」は11月、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー。