『サザエさん』放送45周年!”あさひが丘”の街を再現した展覧会で全国行脚へ

写真拡大

アニメ『サザエさん』の放送開始45周年特別企画として、初の全国巡回イベントとなる「ありがとう45周年! みんなのサザエさん展」が、宮城県・仙台を皮切りに10月16日開催されることが発表された。

1969年10月5日から放送を開始したアニメ『サザエさん』は、放送回数2,238回(放送話数6,989話)を超え、今年の10月で45年目突入。現在も、毎週日曜日18:30からフジテレビ系で放送されており、平均視聴率は23.0%(1980年以降ビデオリサーチ調べ)と高視聴率を維持し続ける国民的アニメとして愛されている。

フジテレビは今年で開局55周年を迎え、その一環として「サザエさん放送45周年プロジェクト」を発足。その第一弾としてアニメ『サザエさん』の世界を身近に楽しめる特別巡回展を2013年10月〜2015年10月までの2年間にわたって展開するという。

「ありがとう45周年! みんなのサザエさん展」は、サザエさんの住む街「あさひが丘」駅へ電車に乗って到着した設定で、”サザエさんの住む街”を直接見て回るような展示内容となっているという。アニメ『サザエさん』にまつわるエピソードや放送秘話を紹介する「あさひが丘商店街」や、ユニークなお告げを聞いたり、波平に「ばっかも〜ん!」と叱られる体験型のイベントスペース「サザエさん神社」、サザエさんの家を縮小して復元させたジオラマや会場内のさまざまな場所に「隠れサザエさん」が存在したり、貴重なアニメ初回放送の上映など、趣向を凝らしたコーナーが数多く用意されている。

今回の特別巡回展に対して、アニメ『サザエさん』でフグ田サザエ役を演じる声優の加藤みどりは、「サザエでございます♪ 初の全国巡回イベントということで、私もワクワクしてます! ぜひ、皆さま『サザエさん』に触れて楽しんでいただければと思います♪ ウフフフフ」とコメント。また、本企画の実行委員長である亀山千広氏(フジテレビ常務取締役)は、「初めての全国巡回イベントで『サザエさん』の世界を直接触れていただくことで、全国の皆さまに家族そろって楽しんでいただければと考えています。このイベントを通じて、あたたかい磯野家の様な家族の絆の素晴らしさを日本中に発信していきたいと思います」と、特別巡回展に想いを寄せている。

第1回目の開催地は、宮城・仙台三越本館7階ホール。開催期間は10月16日〜27日(10:00〜19:00)。前売りチケットは、7月13日から先行販売、7月20日から一般販売を開始。前売りチケットを購入すると、富士山を背景に七福神に扮したサザエさん一家が描かれた「縁起物のステッカー」を全員にプレゼントされる(サザエ=338枚に1枚、富士山が赤富士バージョンのレアステッカーもあり)。開催地などのイベントの詳細については公式サイトまで。

原作の『サザエさん』は、長谷川町子が故郷である福岡県の海を見ながら発案し、「海」への想いが強く込められている作品。今回の「ありがとう45周年! みんなのサザエさん展」では、東日本大震災で甚大な被害を受けた地域沿岸の美しい海をよみがえらせ、水産業の復興を切に願い、被災した3県の「岩手県漁業協同組合連合会」「宮城県漁業協同組合」「福島県漁業協同組合連合会」へ支援として、イベント内の一部売上が寄付される。

(C)長谷川町子美術館