台風6号 フィリピン東海上で発生

ざっくり言うと

  • 気象庁は28日、フィリピンの東海上で熱帯低気圧が午後9時に台風6号になったと発表した
  • 時速15kmで西北西の中国方面に進み、台風の進路上の船舶は警戒が必要
  • 28日午後9時時点の中心気圧は1002ヘクトパスカル

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング