福山雅治、吉高由里子のセクハラ暴露に大慌て

写真拡大

6月23日、映画『真夏の方程式』のジャパンプレミアが都内で行われ、主演の福山雅治(44)、吉高由里子(24)らが登壇した。同映画は、ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)シリーズの締めくくりとなる作品。

福山は「テレビと映画で湯川を少し変えて演じているので、2倍楽しめる」とアピールした。吉高も「長く関わった作品ですし、福山さんとお別れになると思うと……」としみじみと話した。それを聞いた福山は「もう二度と会えないわけじゃないから。でも確かに、“ガリレオがこれで終わった”という感じはないですね」と話した。

吉高は福山の印象を、「思っていたよりも気さくな方。撮影の最後の方なんて冗談しか言ってなかった。冗談というかセクハラまがいなことを」と裏話を暴露し会場を笑わせた。

また、同作の見どころを聞かれた吉高が「一番NGを重ねたシーンはどこでしょう?」と、観客に問いかけた。しかし観客はまだ作品を観ていないため唖然とすると、福山が「(吉高のことは)さっぱりわからない」と同作の決め台詞で返し会場を盛り上げていた。

(撮影/加治屋誠)