(株)矢野経済研究所は、2013年第1四半期(2013年1月〜3月)の住宅リフォーム市場規模について、前年同期比17.7%増となる1兆2512億円と発表した。これは2008年以降、第1四半期としては最も高い市場規模。1、2月は前年比並みの水準だったが3月に大幅に拡大しており、矢野経済研究所では年初からの株価上昇などによる個人資産へのプラス効果が影響したものと分析している。
なお2013年通期の住宅リフォーム市場規模については、今後景気が上向き、省エネ性能など付加価値の高いワンランク上の建材や設備交換への需要活性化や消費増税前の前倒し需要の顕在化などで好影響を受けた場合は最大6.4兆円になると予測する。一方、第2四半期以降前年並みにとどまる場合は6.1兆円を予測する。