デジタルガレージ(4819) 2013年3月29日〜6月28日前場・日足

写真拡大

株価(6/28前場終値):31万円 予想PER:28.2倍 PBR:3.62倍 予想配当利回り:0.32%

買い目途:31万円前後(現在の株価水準)

目標株価:40万円

いよいよ参院選挙! ネット選挙銘柄への関心が高まる

 デジタルガレージ(4819)は、システム開発やベンチャー育成など様々な事業を展開している。ビッグデータ関連との側面もあるが、今回はネット選挙関連株として注目したい。

 6月23日、参議院選挙の前哨戦とも位置づけられていた東京都議会選挙の投開票が行なわれ、続く26日には第183回通常国会が終了、参議院選挙にむけての活動が事実上スタートした。

 28日、政府は午前の閣議で参議院選挙の日程を正式決定。7月4日が公示日、同月21日が投開票日となったが、すでに各種メディアでは選挙に関する多数のニュースや話題が報じられている。

 選挙という単語が各メディで一気に拡散しているわけで、また一部試算によると20〜30代の若い世代は、ネット選挙に対して既存メディアでは報道されにくい情報が入手できると期待しているもよう。

 この点で、デジタルガレージが運営するツイッター日本語版では、既に多くの政治家がメッセージを発信していることで関心は高いと想定する。代表的なネット選挙関連銘柄の一角として大いに注目していきたい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)