レオナルド・ディカプリオ&ジェイミー・フォックス
 - (左)Gareth J Davies / Getty Images

写真拡大

 レオナルド・ディカプリオが、映画『ジャンゴ 繋がれざる者』のジェイミー・フォックスと新作『ミーン・ビジネス・オン・ノース・ガンソン・ストリート(原題) / Mean Business on North Ganson Street』で再共演することが明らかになった。The Hollywood Reporterが報じた。


 同作は、映画『ザ・インシデント』などで脚本家としても活躍している小説家S・クレイグ・ザラーの犯罪小説が原作。ミズーリ州に左遷された刑事(ディカプリオ)が、地元の問題児である刑事(ジェイミー)とタッグを組んで、警官殺人事件の謎に挑むことになる……というストーリーだ。


 ディカプリオとフォックスはアカデミー賞を2部門で受賞したクエンティン・タランティーノ監督の映画『ジャンゴ 繋がれざる者』に続く共演。同作では敵対する間柄を演じた二人だが、本作では一転、相棒に。そうした意味でも映画ファンは注目だろう。


 ディカプリオは主演のほかにプロデュースも務め、脚本は原作者のザラーが手掛ける予定。製作は米ワーナー・ブラザーズ。監督は未定となっている。(編集部・福田麗)